雰囲気を借りるという考え方

>
この記事をシェアする

空間を変えれば、発想が変わる?

貸会議室の数が急激に増えた

貸会議室の利用が増えたのは、以前に比べ貸会議室の利用が手軽になったからです。
立地条件のよい高層ビルで貸会議室件数が急速に増えてきました。
リーマンショック以降、景気低迷が長引く中、ビルオーナーたちがテナントとして賃貸契約するよりも会議室として時間貸ししたほうがビジネスになると気づき始めたからです。
ビル経営の新しいビジネスモデルの確立により、都心のど真ん中の空間をよりリーズナブルに利用することができるようになりました。

取引相手との商談も、お互い都合のよい立地の貸会議室を利用すれば、移動などの時間の節約にもつながります。
ホームでもアウェイでもないニュートラルな空間で胸襟を開いた話し会いもできることでしょう。
ちょっとした話し合いならばカフェなどでも間に合うかもしれません。
しかし、都合よく席が空いているとは限りませんが貸会議室ならば、予約制のため確実に会合の場を設定できるのです。

こんなことにも利用されている

貸会議室は、何も会議のためばかりに利用されているとは限りません。

ネットカフェなどは一人あたりの料金設定になりますが、貸会議室は何人で使用しても1時間あたりの料金は決まっているので数人で料金をシェアしての娯楽空間や休憩室として利用するということもあります。

また、企業はイメージがとても重要です。
採用試験や就職説明会に、立地条件のよい都心のビルを利用すれば人が集まりやすいのはもちろんのこと、企業イメージや第一印象も格段にあがるというものです。
その点では新人研修会や商品展示会として貸会議室を利用するのもよいでしょう。
また逆に企業イメージを守るため、事務所を衆目にさらしたくないという理由で、企業の謝罪会見や債権者会議などでも利用されることがあるとのこと。

企業のイメージ戦略にも貸会議室は利用されるのです。


Copyright © レンタルスペースで事務作業がはかどる?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る