雰囲気を借りるという考え方

>
この記事をシェアする

レンタルスペースを利用する時の留意点

時間厳守で明け渡さなくてはならない

何であれ、レンタルするということは必ず期限が設定されます。
時間貸しが基本のレンタルスペースでは時間単位で期限が設定されます。
ホテルなどのような会場設定のサービスなどはないので、会場準備から撤収にかかる時間まで計算した上で予約しなくてはなりません。

そして、商談や商品展示会などで使用する場合は特に注意が必要です。
思いの他、商談が盛り上がり、どうしても話の腰を折りたくない、また商品展示会が盛況となり、もう少し時間をとりたいといった状況になっても待ったなしであることを忘れてはいけません。
それは、その次の時間で、その空間を必要としている人がいるからです。

「人」の絡むビジネスには計算外という状況が常に起こり得ます。
用途によっては、「もしもの場合」その会場での延長利用が可能かなど、あらかじめ確認しておくことが必要でしょう。

その設備や環境、大丈夫?

レンタルスペースの最大の魅力の一つが立地条件の良さではないでしょうか。
しかし、都心部ゆえに駐車場が備わっていないというケースがかなりあるのです。
レンタルスペースを予約し、身の置き場は確保したものの自動車の置き場がないということにもなりかねません。
どうしても自動車を利用しなければならない場合は、必ず駐車場の有無を確認し、最寄りのコインパーキングなども調べておくことが必要です。

また、場所によってはエレベーターがないという所もあります。
会議に利用するため、会議資料を運ぶというケースや、展示会の場合、陳列物の運搬など、その場に来てみて不便さに気づくということが多々あります。

レンタルスペースは設備や環境など千差万別。
時間の許す限り、下見や確認作業をおこたらないようにしなくてはいけません。


Copyright © レンタルスペースで事務作業がはかどる?. All Rights Reserved.

TOPへ戻る